金投資とは

金投資とは、金に投資をすることを指します。金は実物資産ですから、実際に金地金を購入して保有する人もいますが、保有するためには盗難に備えることも必要となりますから、管理をするためにコストがかかります。このようなデメリットもありますから、他の方法で投資をすることができるようになっています。
例えば、金ETFがあります。これは金を裏付けとした証券を作り、そしてその証券を売買する方法を指します。株式投資と同じように取引ができるために、すでに株式投資を行っている人にとっては便利な商品と言えるでしょう。長期的に保有したいと言うときには適した投資対象だと考えられます。
金は世界情勢に応じて価格が変動しますが、短期的な変動も大きいと言えるでしょう。そのために、トレーディングの対象としては適しています。トレーディングをするときにはレバレッジをかける事も必要となってきますが、そのために用いられるのが金先物です。また、金先物に連動したCFDが用いられる事もあります。高いレバレッジをかけて短期的な利益を狙うときにはこのような方法をとることが多いのです。
金には色々な取引の方法があります。資産の一部として長期保有する場合と、短期売買とでは対象が異なります。